エネコムRPAサービス EneRobo(エネロボ)

RPAとは

What is RPA

RPAの現状

RPA(Robotic Process Automation)とは、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉です。

「デジタルレイバー(Digital Labor)」や「仮想知的労働者」とも言い換えられ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。

人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、ソフトウェアはおろか、ブラウザやクラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して処理します。

RPAにはクラス1~クラス3までのレベルがあります。

クラス1は指示に従って言われたとおりの動きをするロボット。クラス2~3は変化に柔軟に対応してみずから考えるロボット。

RPAクラス

RPAクラス

現在のRPAはクラス1まで対応可能でなっておりますが、今後マシンラーニング(自立型AI)が普及することでRPAが急激に発展していくことが想定されます。
クラス2および3は、業務プロセスが標準化されていないと適用が厳しくなっています。業務プロセスの見直しの準備を早めに行っておくことが重要です。

システム導入との違い

RPAはシステムを人間を同じように操作できるため、通常必要となるプログラムの開発を必要とせず、
人間の補完として既存業務を遂行することができます。

RPA システム
準備 操作の記録 専用プログラムの開発
コスト 低コスト(インフラ構築不要) 開発コスト高
スキル プログラミングスキル不要 プログラミングスキルが必要/ITスタッフのみ対応可能
期間 短期間(インフラ構築不要) 長期間

※ RPA共通インフラ利用が前提

RPA導入のポイント

特に以下の3つのタイプの業務をロボット化すると、高い導入効果が見込めます。

TYPE1 TYPE2 TYPE3
扱うデータ量が多い パソコン操作のプロセスが長い 1日に何度も定期的に繰り返す
導入前
精神的負担ミスが起こりやすい
導入前
作業の見落とし
導入前
他の業務に専念できない
     
導入後
正確かつ冷静に仕事をこなせる
導入後
作作業の見落としがない
導入後
他の業務に専念できる

ロボットの強み・弱み

RPAはシステムを人間と同じように操作できるため、通常必要となるプログラムの開発を必要とせず、
人間の補完として既存業務を遂行することができます。

エネロボの強み
  • プログラミング不要
  • ロボットは無制限に追加
  • 既存の業務やシステムはそのまま
  • 辞めない、働き続ける(持続)
  • 間違えない(高品質)
  • 仕事が速い(高速)
エネロボの弱み
  • 定型作業に限る
  • 例外対応等は人間が必要
  • 作業の変化に対応できない