エネコムRPAサービス EneRobo
株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
社内・社外を問わずにどこでも
作業ができるクラウド型RPA

エネロボX

月額
4万円〜
初期費用
0
AI-OCR
標準搭載
トライアル申込
エネロボ

BizRobo!シリーズの低価格化を実現
月額4万円で始められるプラン「エネロボ Xエックス 」登場!

XエックスTransformationトランスフォーメーション

エネロボXは、RPAとAI-OCRによるオフィスDXを促進するサービスを実現し、従来の働き方を変え(トランスフォーメーションし)ていきます。
また、エネロボサービスの入門としての立ち位置を実現し、他のラインナップへスケール(トランスフォーメーション)していくきっかけとなるサービスにもなっています。

初めてのRPAツールは、
エネロボXがおすすめです。

RPA開発PCが社内にあり、
テレワークでは
ロボット作成ができない。

エネロボXなら、
ご自宅のPCからでも
ロボット作成が可能です。 エネロボXは、ブラウザ上でロボット開発環境ページにログインし、そこでロボットを作ったり、実行指示をしたりできるクラウド型RPAツールです。

紙書類を扱う業務が多いので、
RPAだけでは自動化できない。
AI-OCRも使いたいが、
AI-OCRは高価すぎる。

エネロボXなら、
AI-OCRを従量課金で
使うことができます。 使った分だけ請求されるから、一般的なAI-OCRソリューションと比べても低価格です。

導入効果が不透明なのに、
RPAツールは
初期費用・月額ともに高額だ。

まずは、
安価で使えるエネロボXが
おススメです。

ITリテラシーの
高い従業員が少ないので、
ロボット作成ができるか不安だ。

BizRobo!の
教育コンテンツが
大変充実しています。 エネロボサポートオプションや、クラウドの特性を活かした遠隔でのロボット作成支援も承ります。

RPA導入前には環境構築、
そして導入後には
サーバ運用保守など、
手間がかかりそうだ。

エネロボXなら、
PCとインターネット環境が
あればスタート可能。
複雑な環境構築は不要です。
また、運用保守も必要ありません。

他のエネロボシリーズとの比較

※横にスライドしてご確認いただけます。

  クラウド型 オンプレミス型
「まずはRPAを試してみたい」入門モデルとしておすすめ。 インフラ運用・管理が不要なクラウド型。中~大規模運用におすすめ。 スモールスタートが可能なデスクトップ型。小規模運用におすすめ。 自社でインフラ運用・管理が可能なサーバ型。大規模運用におすすめ。
EneRobo X EneRobo
クラウド
EneRobo
ミニ
EneRobo
レンタル
特徴 Design StudioをWebブラウザでご利用いただくプラン お客さま専用のロボットプラットフォームをクラウド環境にてご利用いただくプラン Design StudioをPCにインストールしてご利用いただくプラン ロボットプラットフォームをお客さまのサーバ環境にインストールしてご利用いただくプラン
初期費用 0 15万円 0 50万円
基本料金 4万円/月~ 20万円/月~+従量課金
(上限10万円)
7.5万円/月 60万円/月
開発環境 クラウド PC PC PC
実行環境 クラウド クラウド PC サーバ
標準搭載 エネロボスキャン by Seisho 従量課金制   BizRobo! Launcher エネロボサポート
選べる
オプション
エネロボサポート 20,000円/月
BizRobo! Launcher 10,000円/月
Design Studio 1ライセンス追加 40,000円/月
Desktop Automation 1ライセンス追加 15,000円/月
エネロボサポート 50,000円/月
エネロボスキャン by Seisho 従量課金制
Design Studio 1ライセンス追加 50,000円/月
VPN接続 20,000円/月
エネロボサポート 20,000円/月  
トライアル申込

よくあるご質問

※「Seisho」は京都電子計算株式会社の登録商標です。 ※「Tegaki」は株式会社Cogent Labs の登録商標です。