エネコムRPAサービス EneRobo(エネロボ)

製品情報

Product Information

EneRoboサービスプラン

EneRoboサービスプラン

※ 近日サービス開始予定

EneRoboラインナップ

デスクトップ型RPA(PC1台)からサーバ型RPAまで、お客様のご要望に合わせ、多様なラインナップをご用意しております。

  スモールスタート

 

大規模運用
契約プラン
EneRobo
ミニ
EneRobo
クラウド
EneRobo
レンタル
サービス内容
  • PC1台から導入できるお手軽なプラン
  • RPAを試してみたいというお客さまに最適
  • ロボット実行プラットフォームを弊社データセンターからクラウドでご提供するプラン
  • お客さま環境に、ロボットプラットフォームをご準備するプラン
ユーザ規模
  • 従業員数:~100人
  • ロボット化業務量:~2人年分
  • 従業員数:~1000人
  • ロボット化業務量:~10人年分
  • 従業員数:1000人~
  • ロボット化業務量:~10人年分
ライセンス (*1)
  • DS 同時接続 PC1台
  • DS 同時接続 PC5台
  • MC 1台分
  • RS 1台分
  • DS 同時接続PC10台
  • MC 1台分
  • RS 1台分
オプション エネロボサポート

RPA専門のサポートセンターが支援。
ナレッジ、ロボット部品など、豊富なコンテンツも提供


(1ヶ月無償)

(3ヶ月無償)

(無償)
VPN接続

専用のVPN回線を使用し、セキュアな通信を提供

エネロボダッシュボード

業務プロセス管理機能、ログ管理機能、ガイドライン共有機能、ユーザ/グループ管理機能、バージョン管理機能などロボットの運用管理に必要なツールを提供

AI-OCR

手書き文書を、AI-OCRエンジンを通して電子データ化するサービス

※ 近日サービス開始予定

(*1):各略称の意味は、以下の通り

ソフトウェア名称 機能 UI 説明
DesignStudio(DS) 【ロボット作成ツール】
  • ロボットフローの作成/デバック
  • ロボット利用変数の定義
Javaアプリ ロボットを作成するためのツール
DesktopAutomation(DA) 【リモート操作機能】
  • デスクトップアプリケーションをロボットからリモート操作する際に端末側に常駐し、実際の端末を動かすエージェントプログラム
なし
(設定画面のみ)
C/Sなど一部システムを操作する際にロボットから端末を直接操作する機能
ManagementConsole(MC) 【ロボット管理機能(統合管理環境)】
  • ダッシュボード
  • スケジューラ
  • Kapplet
  • リポジトリ
  • ログ/データ管理
  • クラスタ設定
  • ユーザ管理
  • MC 設定
  • ライセンス管理
Webブラウザ 作成したロボットはスケジュール管理などロボット全体の管理を行う
RoboServer(RS) 【ロボット実行機能】
  • スケジューラ/Kappletから起動したロボット実行
  • JAVA/C#/REST APIから起動したロボット実行
なし
(コンソール)
ロボットが実行する環境

※「JAVA」はOracle Corporationおよびその関連企業の登録商標です。

導入スケジュール

コンセプト

“RPAの体感”を通じて、効能/経営効果を短期間で検証
「人とロボットの協働」による新しい業務プロセスを計画
あるべきRPA推進体制の企画、計画

導入スケジュール

導入スケジュール

導入の流れ

導入の流れ(STANDARD)

STEP0

動作検証
  • ■動作検証
    業務データ、業務システムでの簡易動作検証
    ⇒BasicRobo
  • ■POC対象業務検討
    ・Excel、Webシステム⇒対象GUI選定
    ⇒POC対象業務選定 ロボ化対象:~3
    RPA早期適用でその効果を体験
基本1か月(4週)(2~8週の期間の中でスケジューリング)

STEP1

ロボ作成~試行
  • ■企画:ロボデザイン
    ・業務手順確認
    ・ルール化
  • ■構築:ロボ作成
    ・BasicRobo
  • ■試行:手順調整
    ・ロボ手順の見直し

STEP2

POC運用
  • ■ロボ運用評価
    ・ロボ POC動作期間
    ・動作結果調査
     ⇒ロボ稼働時間集計
     ⇒処理データ数集計
     ⇒エラー発生状況集計
  • ■ユーザトレーニング
    ・トラブルシューティング
    ・ロボ動作結果データ収集
    ・効果測定
  • ■ユーザトレーニング
    ・BasicRobo
    ・2日間オンサイト
    ・受講者数:5名まで

STEP3

検証・評価
  • ■POC報告
    ・効果測定結果

POC対象業務の選定方法

POCの実施について、次の2段階の手順で進めることで効率的なロボットの導入が見込めます。

1段階目
Webシステム・Excelを用いた業務手順が確立されている軽微な業務

■検証目的

  • ロボット作成の知識を身につける
  • 導入効果の検証
  • ロボット導入までの手順及び、運用ルールの整理
  • 体制・環境など、ロボット導入に伴う課題の洗い出し
2段階目
ロボット導入により導入効果が見込める業務(C/Sシステムなども導入対象)

■検証目的

  • 導入効果の検証
  • ロボット導入までの手順、運用ルールの確認
  • 「検証1回目」の課題に対する対応結果確認
  • 導入効果よりロボット化業務の選定ルールの策定

お取り扱い
ソリューション一覧

協業ソリューションとEneRoboサービスを組み合わせ、御社に最適なロボット化提案をいたします。
※ RPA以外のお取り扱いソリューション